Home著者プロフィール主な著書 

アメリカ大統領選完全ガイドブック

ー これさえあれば100倍楽しく観戦できる! ー

価格 840円

日本のアマゾンのキンドルで買う
アメリカのアマゾンのキンドルで買う
PDFで買う

アメリカ大統領選早わかり!
選挙人制度、予備選のしくみをわかりやすく解説!
大統領選の舞台裏をのぞいてみよう!
巨額の資金がかかる大統領選、カネの動きを追え!

この本は、アメリカ大統領選挙を楽しく観戦するための大統領選挙観戦マニュアルです。

アメリカ大統領選挙は、選挙人制度のしくみや、予備選の問題点、巨額のカネの流れ、民主党と共和党の違い、必ず注目される争点、などを知った上で観戦すると、各候補のキャンペーン戦略をチェスのゲームを楽しむように観戦できます。

どの大統領選でも、ドナルド・トランプ 以外 の全ての候補に現代の孫武(『兵法』の著者)のような戦略家がついていました。

ビル・クリントンにはジェームズ・カーヴィル、ブッシュには カール・ ローヴ、オバマにはデヴィッド・アクセルロッドがいて、皆すばらしい策略家でした。 映画『レッドクリフ』やテレビ・ドラマ、『ゲーム・オヴ・スローンズ』を地でいくような策略、駆け引き、人間ドラマが盛りだくさんの大統領選挙を、是非この本を読んでお楽しみください!!

アメリカ大統領選完全ガイドブック
ー これさえあれば100倍楽しく観戦できる! ー

目次
まえがき

ちょっとだけ”なか見”!

まえがき

4年に一度行われるアメリカ大統領選挙は日本でも必ずニュースになるが、大統領選のしくみがわかりにくいため興味を持てない人も多いのではないだろうか?

この本は、巨額の費用をかけて広告が打てる大統領選の重要性、予備選や本選のしくみ、選挙資金、イメージ作戦、民主党と共和党の違い、毎回問題になる争点などを端的に解説した"大統領選早わかりマニュアル”である。

政治家が首相を決める日本の首相選択制度と異なり、35才以上の生まれながらのアメリカ人なら誰でも立候補できるアメリカ大統領選には人間ドラマがある!

政治とは無関係のピザ・チェーンのオーナーや、イラン革命で人質になった自社の社員を特殊部隊の退役軍人を雇って救出した元海軍大尉のIT会社社長、消費者権利保護を訴える弁護士、頭部癒着シャム双生児の分離手術を成功させた神経外科医、不動産王など、今までも様々なバックグラウンドの人間が大統領選に出馬している。

ワシントンの政治家、州知事、州レベルの議員などのプロの政治家にまじって、政治畑出身ではない雄志たちがしのぎを削り合う大統領選は、選挙のしくみを知った上で観戦するとハリウッドの政治ドラマよりもおもしろい!

欲と裏切り、政略とかけひき、罠と裏取引、『ゲーム・オブ・スローンズ』を地でいく見所一杯の王様選びの劇を、この大統領選ガイドブックを参考にして100倍楽しんでいただきたい!

選挙人投票のしくみ

概要

大統領選挙は11月の第一月曜日の翌日の火曜日に行われる。

アメリカ大統領選は州ごとに、有権者が自分が支持する候補に投票してくれる選挙人団(有権者が支持する候補が所属する党に選ばれた人々の団体)を選ぶ、という形で行われる。

選挙人の総数は538人で各州とワシントンDCに割り当てられている。

ワシントンDCの選挙人数は3人で、州ごとの選挙人の数は各州に割り当てられた連邦議会議員の数(上院議員数と下院議員数=選挙区数)の数と同じ。上院の数は各州2人だが、下院議員数10年ごとに行われる国勢調査に基づき州民の数に応じて各州に割り当てられる。

48州では最多票を獲得した候補が選んだ選挙人の票が与えられ、これはwinner-take-all system(勝者総取り方式)と呼ばれている。

ネブラスカ州とメイン州では、それぞれの下院選挙区で勝った候補にその選挙区の一票(選挙人)が割り振られ、州全体の勝者に2票が与えられる。

270人の選挙人(選挙人ひとりひとりが投じる票)を獲得した候補者が勝者となる。

アメリカ領サモア、プエルトリコ、ヴァージン諸島、グアム、北マリアナ諸島(共和党のみ)は、予備選では代議員が割り当てられているが、本選には参加できない。

選挙人制度は、選挙人数=ポイント、人口の多い州には多くのポイントが与えられるポイント制、と考えるとわかりやすい。